ARTIST

PRINCE DISCO 2013 in Summer 第四弾出演者発表!!

GARDEN AREA(プールサイドエリア)に実力派女性DJが集結!!

VENUS・KAWAMURA YUKI
VENUS・KAWAMURA YUKI(shibuya OIRAN)

IBIZA的なバレアリック・スタイルのアーティストとしての感覚を活かし、渋谷道玄坂のウォームアップバー「しぶや花魁」をプロデュース。川村由紀(カワムラユキ)として作詞家&作家としても活動中。
作詞を手がけた quasimode「Music Can Change the World feat Hanah」は J-WAVE TOP100で最高位6位をマーク、日本語詞を担当したLONDON ELEKTRICTY「ロンドンは夜8時」は、WASABEAT AWARD「BEST DOMESTIC TRACK」受賞。2011年7月には歌詞アクセスチャート1位を獲得。新世代のエレクトロニックミュージックのアンセムとして話題となる。同時にエレクトロニックミュージック専門ラジオ局、BLOCK.FMにて毎週金曜20時~「しぶや花魁ウォームアップレディオ」のナビゲーターを務める。著書に「アスファルトの帰り道」(Sony Magazines)など。
公式サイト http://vky.jp/
ブログ http://numero.jp/yukikawamura/

DJ MASAKO

DJ MASAKO

1989年より六本木“TEMPS”でDJをはじめる。
現在まで都内クラブを中心に日本全国、海外のイベント等でもプレイ。SoulとHIP HOP,R&Bを中心とした幅広い選曲で、聴いていて気持のよいsoulfulなmixが人気を呼び、多方面な人にそのプレイを支持されている。雰囲気を自在に作り上げることのできる実力派female DJである。

DJ ARETHA

DJ ARETHA

渋谷リズムカフェにてDJキャリアをスタート。モデルもこなす容姿に加え、50s~80sのSoul/Funk/Disco/Rockを新しい感覚で選曲するセンスが話題のRISING STAR ! 現在毎週金曜日、新丸の内ビル7F丸の内ハウスにてレギュラープレイ中。

GARDEN AREA(プールサイドエリア)に加え、新たなにCLUB AREAが誕生!!

CLUB AREAでは80年代のCLUB創世記のサウンドをテーマに、80年代にリアルタイムでプレイしていたDJ陣により、当時の活気あるCLUBが復活します!
Prince DiscoならではのCLUB AREAをお楽しみください!

MIKU
MIKU

1981年玉椿にてDJデビュー。以降クレオパラッツイー、プレステージ、横浜サーカス、ラゼルなどのナイトクラブのオープニングDJを努めそれぞれのレジデンツDJとして活動。92年-96年に開催されていた、ウエアハウスパーティー「Key-energy」のレジデンツDJとして各地でプレイ。「RAINBOW2000」「BIG CHILL_Enchanted Garden」など国内外の数々のフェスティバルにも出演。96年Hideo Kobayashi、DJ Natsuとの3人組みユニット、LOTUSで゛Kasumi exprience"をリリース。DJ MIKU名義で国内・海外のレーベル(ns-com、Pussyfoot、Pickin'mushroom、WC recordings、blank records、Music mine、Hypnotic Room)等から作品をリリース。WOMB、Club Citta'、野外などで開催されるテクノ・イベント CYCLONEのレジデンツDJ、NS-COM、Blank records、ElectricPunchesなどのレーベルの設立、アーチストプロデュース、楽曲提供などクラブシーンに係わる様々な活動を展開している。

中村 直
中村 直

アッパーでハッピー、ロマンティックでプログレッシブ…選曲の引き出しの多さには定評有り。日本のハウス・シーンでもとりわけ長いキャリアを誇るDJ。新宿ツバキハウスでのDJデビューを経て、’84~88年の間NYへ渡り、TRACKSやSAINTといったクラブで、日本人として初めてレギュラーDJを勤める。その後は芝浦GOLDの設立にも携わるほか、プレイしたクラブは数知れず。東京のクラブシーン黎明期から多大な影響を与えて来た。

HIRO
HIRO (LEXINGTON QUEEN / STUDIO ONE)

82年よりプロとしてDJスタート。
六本木のディスコ「MAGGIE」「STUDIO ONE」「MAKE UP」「LEXINGTON QUEEN」等を経て、飯倉片町にオープンした「PRESTIGE」のチーフDJに抜擢される。
モンチ、マイケルと共にマスターミックス集団「M.I.D.」を設立し、FM横浜開局の看板番組「丸井24クラブ」では日本で初めてマスターミックス番組を制作して話題となった。
クラブシーン創成期の80年代前半、クラブブームのきっかけにもなった西麻布「TOOLS BAR」で毎週土曜日のレジデントDJに抜擢され、「P.PICASSO」「第三倉庫」「BANK」「HIP HOP」等の都内人気クラブや全国各地のクラブでスクラッチDJの草分けとして活躍する。ハウスミュージック全盛期の89年に渡米し、当時ニューヨークで最もアンダーグラウンドなクラブ「CHOICE」で伝説のDJ LARRY LEVANと共演。帰国後、日本初の大型クラブ「GOLD」でレジデントDJに抜擢され、週に一度のレギュラーパーティを持つ。日本のクラブシーンの中心となったクラブ「YELLOW」のオープニングDJに抜擢される。その後、「MANIAC LOVE」「AIR」「TRIGRAM」「EN-SOF TOKYO」等のクラブでレギュラーパーティーを開催し現在に至る。

PRINCE DISCO 2013 in Summer 第三弾出演者発表!!

初代バブルクイーン 杉本彩 出演決定!!

初代バブルスクイーンに就任した杉本彩さんがイベント当日、来場の皆様と一緒にチークを踊ったり、バブルスクイーンを選んだり、サプライズゲストを呼んだりとPRINCE DISCO 2013 in Summerを盛り上げてくれます。

杉本彩
【杉本彩 プロフィール】

1987年、東レ水着キャンペーンガールでデビュー。TV「ウリナリ」(NTV系)に出演し、芸能人社交ダンス部メンバーとして多くの大会に出場、入賞を果たす。
2004年に公開された主演映画「花と蛇」の演技で邦画界に衝撃を与えた。そして狂気の愛を新たなるテーマとし、 2005年「花と蛇2 パリ/静子」では極限の愛の表現者として君臨した。女優、作家、ダンサーとして幅広く活躍中。
近著には恋愛エッセイ「いい男の愛し方」(朝日新聞出版)を上梓。
また、2010年には初の自叙伝「リベラルライフ」(梧桐書院)も上梓。2011年7月にスタイルブック「Sビューティー」(宝島社)から、9月には京都本「京都恋めぐり」(徳間書店)から発売。
2010年新会社「株式会社リベラルライフ・クリエーション」を設立、実業家としての顔も持つ。

音楽ユニット「星屑スキャット」 出演決定!!

ミッツ・マングローブ率いる音楽ユニット「星屑スキャット」がプールサイドでスペシャルライブを披露します。

ガーデンチケット残りわずか!!
TICKET購入

星屑スキャット
【星屑スキャット プロフィール】

ミッツ・マングローブ、ギャランティーク和恵、メイリー・ムーの3人によって、2005年に結成された『音楽ユニット』。新宿2丁目を中心とした活動をする中、全国各地でのイベント出演やコンサート開催を経て、よりエンタテインメント性の高いグループへと成長。時代やジャンルを越えた幅広い歌謡曲に、それぞれの個性豊かな歌声と洗練されたハーモニーで魅せる世界観が、さらなる注目が集まっている。

ミッツ・マングローブ

歌手、ドラァグクイーンとしてステージに立つ傍ら、テレビタレントとして様々な番組で活躍中。2011年3月「若いってすばらしい」で、念願のCDデビューを果たす。ソロ歌手活動と並行して、2012年は音楽ユニット『星屑スキャット』としてもCDデビュー。

ギャランティーク和恵

2002年、渋谷「青い部屋」にてソロ歌手「ギャランティーク和恵」でデビュー。以降、都内を中心に歌謡曲・演歌を中心としたライブ活動を行う傍ら、新宿ゴールデン街にあるバー「夜間飛行」のオーナーも務めている。

メイリー・ムー

2005年、ミッツ・マングローブ、ギャランティーク和恵とともに歌謡曲グループ「星屑スキャット」を結成し歌手活動開始。沖縄出身。百万ドルの笑顔と美脚で老若男女を魅了している。2012年春、念願のソロ・デビューも果たした。

PRINCE DISCO 2013 in Summer 第二弾出演者発表!!

Prince Disco 2013 スペシャルゲスト決定!!

80年代最強のディスコユニット "LIME"

現在も最高峰のダンス・クラッシックとして語り継がれ、多くのDJたちにプレイされ続けている数々のLIMEのヒット曲を是非!生で体感してみてください。

ダンスフロアでお待ちしてます!

【 LIMEプロフィール 】

LIME

LIMEはフレンチ系カナダ人のDenis LePageとDenyse LePageのアーチスト夫妻が楽曲制作・プロデュースするエレクトロニック・ディスコユニット。

LIME以前はKat Mandu名義で "The Break" というインストルメンタル曲の12インチシングルをリリースし、ビルボードのダンス部門上位にチャートインした。
( "The Break"は現在も多くのDJにプレイされ続けている名盤)

その後、1981年LIMEとしてのデビューシングル "Your Love"をリリース。いきなり全米ディスコチャート1位、全英ディスコチャート1位を獲得。大ヒットとなる。

その後も1982年 "Babe, We're Gonna Love Tonight"1983年 "Guilty" "Angel Eyes"などのヒットを飛ばす。("Guilty" "Angel Eyes"は今もDJ Harveyのセットリストにも入る名曲! )

そして、1985年日本のマーケットをターゲットにしたかのようなLIME史上最もポップな楽曲 "Unexpected Lovers"をリリース。一般層の日本人リスナーをも巻き込んだ日本全国区の大ヒットディスコ曲となった。

ライブではChris MarshとJoy Dorrisの男女のボーカルがフロントマンとなり、Denis&Denyse LePageが公の場所に登場することはあまりない。しかし、この4名が中心となって活動してきたプロジェクトがLIMEと言われている。

※後にChris MarshとRob Hubertz がメンバー交代。現在はJoy DorrisとRob Hubertzの二人により活動をしている。

PRINCE DISCO 2013 in Summer 第一弾ラインナップ発表!

DJ OSSHY

DJ OSSHY
(CANDY CANDY/RADIO DISCO)

伝説のサーファー・ディスコ渋谷「キャンディ・キャンディ」でDJデビュー。その後、FMラジオ局で音楽番組の制作に携わりながら、数々の人気ディスコのダンスフロアを盛り上げ、80年代、90年代からディスコシーンをリードしてきた。また、ディスコに限らずR&B、ソウルとさまざまな音楽プロデューサーとして活躍している。

Lucy Kent

Lucy Kent

アメリカ生まれ。3歳の時に東京に移住。高校卒業後、ラジオDJ、ナレーター、MCの仕事をスタート。82年からは六本木のライブハウスのボーカリストとして週6日、一日4ステージを6年間続けた。以降様々なFM局でナビゲーターとして活躍。現在、JFN系全国36局ネット「BIG SPECIAL」のメインDJを努めている。

AKIRA

AKIRA
(Nirvana/ Java Jive)

六本木PLATOSでDJとして本格始動。NIRVANA、JAVA JIVE、青山BREAK、BYBLOS等、六本木を中心にプレイ。 数多くのDANCE CLASSICSコンピレーションCDの監修を手掛け、ユニバーサルから再発されたサーファー・ソウル&ディスコ・ソウル復刻企画(全30タイトル)は全てAKIRAの監修によるものである。 2012年3月に惜しくも閉店した六本木NIRAVANAではサウンドプロデューサ―、チーフDJを務め、閉店後はナバーナマンスリーイベントを大成功に導いている。オールジャンルの選曲で多くのディスコファンから支持を得ているが、きらり光るファンク魂は太く熱いプレイはその極みである。

ATOM

ATOM
(Xanadu / Nirvana)

1970年代中期より赤坂マンハッタン・イベリア・スタジオワン・ファーマーズ マーケット・XANADU・ナバーナなど、ブラック系のディスコでプレイ。誰もが知っている六本木XANADUを伝説のディスコに仕立てあげたのは1990年代にタトゥ等で大ブレイクしたイベントXANADU NIGHTでのATOMの熱いプレイによるものである。XANADUと言えばATOM!ATOMと言えばXANADUと言う時代もあったが、現在は自ら主催するイベントATOM-ic NITEのATOMとして新旧をとわずディスコ、クラブファンより大絶賛を浴びる。独創性のある究極のDJプレイは正にFunky President !

CHU-SHA

CHU-SHA
(Queue / M-Carlo)

1979年六本木Purple OnionにてDJ活動をスタート!1981年にオープンしたQUEUEにて独自のプレイスタイルを構築!QUEUEのトップDJとして六本木の黒人達やブラックミュージックファンから多くの支持を得る。その後、ジャンルにはこだわらずCIPANGO、M-CARLO、AREA、VIETTI、MIDASと六本木を中心にプレイ。あまり知られていないが、銀座で大好評を得たDANCE CLASSICSのイベント「水曜日のM-CARLO」は彼のプロデュースによるものである。現在もオリジナリティ溢れるCOOLなプレイは進化中!

DR.K

DR.K
(J-Trip Bar / El Condor)

1975年に渡米。NYのクラブを中心とした音楽シーンに影響を受けて1977年帰国後、東京で最も早くNON STOP MIXのDJスタイルを始める。EL CONDOR、RAJAR COURTなど六本木を中心にDJプレイ。その後J T RIP BAR、ENDMAX. WANNA DANCE等のクラブをプロデュース。Larry Levan,Frankie Knockles、Wild Bunch、Fabio等、海外DJを日本で最初に招聘!1994年UNITY RECORDSを設立し、数多くのCD制作、アーティスト・プロデュースなど手掛ける。一見なにが飛び出すか解らないDJスタイルは確固たる基本の上によってなりたっているので、フロアー全ての人達を魅了する。楽しくなければクラブではない!

GION

GION
(Mza / Mugen)

1981年赤坂ムゲンでDJをはじめる。以後 AREA , GIG , MZA , GOLD , LOOP , LIQUIDROOM , YELLOW , HARLEM , CODE等、時代の人気のクラブで活躍。またTONY HUMPHRIES/TIMMY REGISFORD/Deep Dish/ BASEMENT JAXXら数々の海外DJを招聘したvastune poductionの企画制作にも携わりHOUSE MUSICをけん引する海外有名DJらとも数多く共演。現在、自身のレーベルSTORAGE-RECORDINGSとジャンルを超えたイベントにおいてキャリアを生かした守備範囲の広さで幅広く活動中。

KAMIYA

KAMIYA
(Magic / Area)

始めて買ったシングルレコードはジャクソン5!始めて遊んだディスコは六本木アイ!70年代の六本木にはまり1975年DJ活動をスタート!1976年に渡米、始めてNON STOP MIXのDJスタイルを体感。DJ MIXの新たな可能性に感奮を受ける!1978年帰国後GREEN GRASS、MAGIC等六本木を中心にDJプレイ。その後AREA、BLESS等のディスコやクラブをプロデュース。自らオーガナイズしてスタートしたPARTY「六本木クラッシックス」は今年15周年を迎える。DJプレイスタイルとしては点と点のミックスより線と線のMIXにこだわりを持っている。点と線と面!なんだか難しそうだがシンプルで気持ちよいプレイはまさにに六本木スタイル。 CHECK IT OUT !

KOUNO

KOUNO
(Make Up / Cipango)

1979年DJデビュー。新宿を中心にカンタベリーハウスチェーン店,B&B,プカプカ等でメインDJとして活躍。1982年に活動拠点を六本木に移しネペンタ,メイク・アップ,ヒッポフェロー,シパンゴ等でレジデンツDJを務める傍らCD製作や数多くのファッションショーなど音楽プロデュースを手掛ける。1990年代から2000年代にかけてヌー,アポロ,タトゥー,セブン,ファイヤー等でサウンドプロデュース兼レジデンツDJ。同時期イエロー,ウ゛ェルファーレ,フーラ,ソウルトレイン、SSB等でゲストDJとして活躍。現在はSSB,ミラクル,日比谷DIANA、ルーツ,ファンタイム等でレギュラーDJ兼サウンドプロデュースを務める。